紫外線は笑い皺を深くする|簡単で効果的な3つの紫外線対策

 

紫外線は、1年365日出ているし、窓ガラスも通過してしまうため完全にカットするのは至難の業だ。

 

1年中家の中で、窓を閉め切って遮光カーテンをつければ可能かもしれないが、あまり現実的な方法ではない。

 

「紫外線対策は日焼け止めを塗るくらいしかしてない。」という人が大半だが、今回は簡単で効果的な3つの紫外線カット方法についてお伝えしていこう。

 

 

簡単で効果的な3つの紫外線対策

 

その1 出かける前にビタミンCを摂る

 

「今日は焼けそうだな」という日は、出かける前にビタミンCを摂るようにしよう。

 

ビタミンCをたっぷり摂取することで、日焼けのダメージを最小限にすることができる。

 

ビタミンCは体内に長時間溜めておけないので、こまめに摂るようにしよう。

 

※オレンジやレモン、キウイ、グレープフルーツなどの柑橘系には光毒性があるため、食べた後に日光を浴びると紫外線を吸収しやすくなってしまう。お出かけ前に食べるのはイチゴやパプリカなどの光毒性のないものをおすすめする。

 

 

その2 飲む日焼け止めを飲む

 

飲む日焼け止めを飲むのも効果的だ。

 

お出かけ前に飲むだけで、紫外線を体内からカットしてくれる。

 

もちろん、これを飲めば日焼け止めを塗らなくて良いとか、そういうわけではない。

 

あくまでサポートとして、効率的に紫外線をカットできる方法だ。

 

 

窓ガラスにUVカットフィルムを貼る

 

車や家の窓ガラスにUVカットフィルムを貼るのもおすすめだ。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があるが、このうち笑い皺の原因になるUV-Aは窓ガラスを通過してしまう。

 

室内だからと安心していると、うっかり焼けてしまう可能性があるのだ。

 

そんなことにならないためにも、家の窓ガラスや車の窓に、UVカットフィルムを貼ることをおすすめしたい。

 

ネットでも売っているし、1度貼ればそれで済むので簡単だ。

 

自分で貼るのが難しい場合は車屋さんで相談してみよう。

 

 

日焼け止めを塗る以外にも工夫して、紫外線を徹底的にカットしていこう。

 

将来後悔しないために。。

 

 

 

返信を残す

必須項目には印がついています*